« もしも、某「怪事」銀行が”本気”を出したなら…(一部【特設】) | トップページ | [写真特集]敷島・正田スタ工事(2月9日時点、その2) »

2014年2月21日 (金)

〔前橋73cm豪雪〕【【【災害の少ない群馬】】】を裏付ける新たな資料が出てきた!!

グンマー、いや群馬県を

拠点に活動していると

つくづく思うのが

「災害の少ない」県

だということ。

 

当ブログおよび旧ブログでも触れているが

新潟県中越地震
 (2004年、当時の川口町で震度7[現地調査結果])

新潟県中越沖地震
 (2006年、柏崎市などで震度6強)

東日本大震災
 (2011年、宮城県栗原市で震度7[地震計観測]
  に加え、茨城・栃木でも震度6強を観測している)

ところが、直近10年3大地震の何れでも、

前橋市昭和町にある

前橋地方気象台では

悉く震度4止まり。

同地で震度5を観測したのは1926年から

数えて1932年の僅か1回だけと言う点を

以前「都市伝説」と記事にしてみたり、

一方で、Jアラートの試験で

中核市で唯一と思われる、

2回連続失敗とか言う

青っ恥を掻いたのは高崎。

2012年11月当時の記事

 

ところが、今回、2014年2月の

関東甲信豪雪(勝手称)を以て

【【【災害の少ない群馬】】】を

裏付ける新たな資料が出てきた!!

それは、まず、画像1発勝負で…

20140221nhkmaebashigunmasaigai32yea

 

群馬県内に災害救助法が

適用されたのは

平成になって初、

実に32年ぶりだという。

 

これぞ、グンマー、

いや、群馬の力だ。

 
 

<ちなみに>

災害救助法が適用された地域では

電話(携帯電話・スマートフォンを含む)の

料金支払い期限が延長されたり、

修理代金の減免が受けられたり、

更には、保険会社の保険料納付、

金融機関では預金引き出しの本人確認などの

条件が一時的に緩和されたりします。

 ・保険会社の例

 ・日本銀行(→各金融機関へ展開)

 ・電話会社の対応(マイナビニュース記事)

 

|

« もしも、某「怪事」銀行が”本気”を出したなら…(一部【特設】) | トップページ | [写真特集]敷島・正田スタ工事(2月9日時点、その2) »

四方山話」カテゴリの記事