« [クラブライセンス]異例の「先行開示」の報じ方に注目!!(一部【特設】) | トップページ | 【速報】愛媛での残念な件→「17試合」入場禁止って何?(愛媛公式Web”過負荷”段階) »

2014年5月23日 (金)

新たな「金曜臨電」2題…1つは【【【そこですか!?】】】

個人的に金曜日(または祝祭日の前日)

になると決まって運転される臨時列車のことを

「金曜臨電(きんようりんでん)」と称している。

 
 

”高崎都民”にとっては、長野新幹線の

東京駅18時以降にこぞって運転される

「あさま581号~587号」の4連発とか

通常は軽井沢~長野間は回送となる

「あさま551号」の長野延長

 ※それでも普通車全車自由席はキープ

  

一方、上越新幹線は名物「とき377号」の他に

「Maxとき345号」が通常は8両なのに

金曜日限定で16両編成に化ける
と言うのも

「金曜臨電」のうちだと思っている。

 

で、今回は高崎絡みではないのだが、

新たな「金曜臨電」の動きが2つほど

聞こえたので御紹介する。

 
 
 

1つは、東武スカイツリーラインから

日光線に抜けていく特急の増発 

公式PDF@2014年5月9日

実際の運行は6月7日の金曜日からと言うが、

浅草駅基準で18時から22時※までのうち、

20時30分の1箇所だけ30分毎を破る穴が

開いていた東武日光線方面の特急列車を

今回設定の金曜臨電で埋めに来た構図。

 ※加えて、浅草22時30分発車で
  春日部行きのスペーシアまで有る。

加えて、今回設定の金曜臨電は

ちょっと古めの350系4両編成を使う関係で

特急料金も浅草・北千住~春日部なら

310円で済んでしまう有様。

 ※しЯ束目木のスワロー騒動が馬鹿らしくなる

 

よくよく考えると、東武スカイツリーラインの特急は

浅草基準で18:10から21:40の30分毎、

最後は少し飛んで22:20に群馬東毛方面の

「りょうもう号」が加わって、この時間帯は

埼玉県内では東武動物公園から停車していくので、

実は「30分に2本」で着席列車が走ってるんだなと。

 

少し脱線するが、東武スカイツリーライン系統では

2014年~16年の中期経営計画で新型特急列車も

打ち出してくるなど、実は見逃せなくなっている。

 

そして、もう1つ。タイトルの話。

金曜臨電って、基本的に東京から各地に

向かう方が当たり前だと思っていたのだが、

 
 

JR水戸支社が

茨城県の勝田・水戸から

東京都の上野行きと言う

【【【逆向き】】】の金曜臨電

「フレッシュひたち96号」を

2014年5月16日から設定

したと言うニュースリリース(PDF)を発見した。

 

ちなみに、フレッシュひたち96号は

勝田17:30始発→水戸17:39→上野18:54

と予告されているが、前後の特急列車は

スーパーひたち54号:
 いわき始発→勝田17:20→水戸17:27
  →ノンストップ→上野18:35

フレッシュひたち56号:
 勝田17:46始発→水戸17:52→上野19:08

と「30分以内に3本目」の

定員600名を擁す特急列車となるのだが

 

そんなに盛況なんでしょうか?

→「ひたち」さん

|

« [クラブライセンス]異例の「先行開示」の報じ方に注目!!(一部【特設】) | トップページ | 【速報】愛媛での残念な件→「17試合」入場禁止って何?(愛媛公式Web”過負荷”段階) »

交通体系論」カテゴリの記事