« 群馬県議会で同一日の【ベタ記事】3連発+素性自白?(一部【特設】+≪特設≫) | トップページ | [通勤日記]【速報】個人的に高崎では初めて見た!! »

2014年6月 9日 (月)

「樽沢トンネル×651系」は約半年限り、そして、「群馬県≒東京近郊区間」へ!!

JR東日本から2014年5月20日に

高崎支社(概要詳細PDF)、

続いて、5月26日に本社から

群馬県を走る吾妻線に関する

ニュースリリースが相次いだ。

 
 

まず、5月20日の高崎支社

(詳細PDFへ再リンク)であるが、

八ッ場(やんば)ダム建設に際する

新線建設工事が進んだことから、

岩島~川原湯温泉~長野原草津口の

3駅間は2014年9月24日(水)を以て

現在ルートでの運行を終了すると言う。
 

 

で、上記3駅間の”名所”と言えば

吾妻渓谷
樽沢トンネル

紅葉の時期を前にして切り変わってしまうが、

2014年3月に入れ替わった

ばかりの特急車両651系とは

約半年限りの風景・光景となる。

 
 

そして、25日(木)は中之条~大前間バス代行、

26日(金)~30日(火)は25日と同じバス代行に加え

(高崎~)中之条~岩島間は電車も運行と言う体制で

10月1日(水)に予定される岩島~川原湯温泉~

長野原草津口の新線営業開始を待つこととなった。

 

その10月1日だが、

もう1つ大きな変更が有る。

 
 

それが、5月26日に発表された

JR東日本本社リリース
のこと。 

 

群馬県内のJR在来線は段階的に行われた

SUICAエリア化と共に「東京近郊区間★」に

含まれるようになったが、

10月1日に遂に吾妻線全線に拡大され、

「群馬県≒東京近郊区間」となる。

 ※完全なイコールではないのは、新幹線の除外と
  上越線の湯檜曽&土合駅が除外となるため
  (ただし、運行頻度や乗客数を踏まえれば軽微)

 ★基本ルールは、運賃は最短経路で決めるが、
  1つの駅を複数回通過しない限り乗車経路は不同。
  その上で途中下車無効(降りる都度払い)、
  有効日数も距離に拠らず1日限り。

 
 

それと共に、吾妻線でもSuicaが

乗車券として使用できるようになるが、

利用対象駅は中之条、長野原草津口と

万座・鹿沢駅の3駅限りだと言う。

 

また、上記3駅でチャージできるかは

当日にならないと判らないかもね。

 
 

寧ろ、セブンイレブンを始めとした

多くのコンビニで現金によるSuicaチャージが

できることを復習しておくべきであろう。

JR東日本公式セブンイレブン

 

|

« 群馬県議会で同一日の【ベタ記事】3連発+素性自白?(一部【特設】+≪特設≫) | トップページ | [通勤日記]【速報】個人的に高崎では初めて見た!! »

交通体系論」カテゴリの記事