« [敬称略]木公下【独演会】と【もう1つのネタ】を喰らう(16節、ホーム戦、ザスパ0-2横浜FC) | トップページ | [PC遠隔操作事件関連]良く見て!!「日時指定Eメール送信」は【【【超身近】】】だよ!!※7時「キモ」のリンク修正※ »

2014年6月 3日 (火)

【【【朽ちるインフラ】】】JR高崎駅の在来線で[抜本改革第1号]を!!

2014年1発目の一般記事

JR高崎駅の在来線について

触れていたし、先日の別記事で、

未開の地ハチコー

を取り上げたが、いい加減、

”國鐵”から抜けられない

JR高崎駅の在来線に関して

【【【朽ちるインフラ】】】に

対する抜本改革第1号(案)


を試しに掲げてみる。

そのターゲットは…

 
 

群馬県のJR信越本線、

高崎~北高崎間の単線化

 
 

何で、そこを取り上げるかと言うと、

以前とは逆の考えでもあるのだが、

北高崎→高崎方向には信越線が

上越線を上越しする跨線橋
が有る。

 
 

特急あさま号が在来線を走っていて、

横川で釜めしを争ってまで買っていた頃は

定時運行の確保として非常に意味が有ったのだが、

長野新幹線に移ってから

15年以上経った今、

その跨線橋を残しておく

価値に疑問に思ったわけ。

 

ここに加わるのが、2014年1発目の一般記事でも

触れたように、2004年10月にJR高崎駅の

1番線を旅客使用停止してからと言うものの

「どのホームに行けば群馬

 県内の何処に行けるの?」

と言う観点における

滅茶苦茶の度が増した。

その難しさが、公共交通離れを益々

加速させている
とまで記して良いだろう。

 

更に、最近気になり始めたのが、

2013年の強烈指摘となった

都道府県単位における

スタジアムの大型映像装置未設置の件に続き、

JRでも”ブービー群馬"

莫迦鷺支社もそうだけど…)

が目立ち始めている。

具体的には以下の点

●県内電車は国鉄型「最後の聖地」化
  ※鋼鉄車体・直流ブラシ有モータ・カボチャ色etc

●それに加えて、SL万歳

●利用者が減っている筈なのに
 電車のワンマン運転に着手せず
 (八高線ディーゼル車は実施済み)

●休日お出かけパスで露骨なグンマー外し
  ※高崎線は神保原(新町の1つ前)まで、
    両毛線は足利(桐生の3つ前)までと徹底

 

ところが、信越線の北高崎→高崎を

【【【朽ちるインフラ】】】を契機にあえて

単線化させた、数点工夫を加えると、

未開の地ハチコーを含め

JR高崎駅在来線に関する不便が

解決に導けるのではないか?

と思い始めた。

 
 
 
 

~長くなりそうなので、以下、後日~

 

|

« [敬称略]木公下【独演会】と【もう1つのネタ】を喰らう(16節、ホーム戦、ザスパ0-2横浜FC) | トップページ | [PC遠隔操作事件関連]良く見て!!「日時指定Eメール送信」は【【【超身近】】】だよ!!※7時「キモ」のリンク修正※ »

交通体系論」カテゴリの記事