« 「小さなブーム」が部品1つで「大きく化ける」可能性が浮上?(8時更新) | トップページ | 「錦織祭り」やら「リンゴ収穫大祭」のドサクサに紛れて当ブログ「某検索フレーズ」について »

2014年9月 9日 (火)

[富岡50km渋滞@2014お盆]シルバーウィークに向けて、迂回路(うかいろ)の【【【罠】】】に注意

次の週末から、

3連休、そして、

飛び石4連休

と続く2014年9月。

 

これら連休を数年前の誰しかが

シルバーウィーク

と言い始めたが、

忘れていけないのは

約1か月前のお盆

上信越道の富岡IC(あるいは

甘楽[かんら]PA)を先頭に

約50km渋滞が発生した。

 

この「約50km渋滞」が起きた背景が

かつての「1000円高速」でも無く、

消費税額が3%上がり、かつ、

土休日の割引率も50%から

30%に変わった直後と言うべき

2014年のお盆に記録したのは

富岡製糸場の世界遺産登録

起因と言って問題は無いであろう。

 

改めて、富岡を起点に長野県

方向に約50km渋滞となると、

その、一番後ろは…

 
 
 

長野県の佐久インター

付近に達していたことになる。

 

日本道路交通センターのFAQによると

高速道路の渋滞定義は時速40km以下 

と言うが、佐久から渋滞を知ってさえいれば、

 

小諸佐久JCTで一旦精算して、

中部横断自動車道(無料)の

佐久南インターから

国道254号で長野群馬県境

(内山峠のトンネル)を越えて、

下仁田、あるいは富岡に抜けて

戻りたいと言う気持ちを持つ方

も出てくるであろう。

 
 

ところが、富岡市内では

ちょっと有名な渋滞ポイントがある。

 

神農原(かのはら)の

国道254踏切

 

20140906tomioka5


一見、何気ない踏切なのだが、

4輪では小手先的な迂回路が無い。

 

オマケに、空いている時を中心に

一時停止で”張っている”有名地点。

 

でも、群馬県警VICSあたりでは

情報提供されることは少ないので、

Google地図の交通状況で

低速だったら、以下の迂回路をお試しください。

20140906tomioka4


なお、下仁田町の荒船風穴からの

東京方面に向けても有効な経路です。

|

« 「小さなブーム」が部品1つで「大きく化ける」可能性が浮上?(8時更新) | トップページ | 「錦織祭り」やら「リンゴ収穫大祭」のドサクサに紛れて当ブログ「某検索フレーズ」について »

スバル&自動車」カテゴリの記事

交通体系論」カテゴリの記事