« 栃木県南部→前橋で「ぐんまワンデー世界遺産パス」と言う選択肢 | トップページ | 川原湯温泉駅の歴史が変わる日、そして「樽沢トンネル」×「651系」 »

2014年9月23日 (火)

【特設】[個人見解]秋葉氏がザスパ監督退任時期を自ら公表した件について

2014年9月20日(土)ザスパ3-0札幌

試合後会見に前後して、秋葉氏は都丸社長

同席の下で今季末での退任を自ら公表した。

(再リンク:J’sゴールによる退任コメント

同日3点目のゴールを決めた平繁選手が

”いつもの”コーナーフラッグの元ではなく、

秋葉氏の元に向かったのは、事前告知を

受けていたのでは無く、時節柄から来る

”予感”だったようだが、秋葉氏の件に対する

[個人見解]を以下の通り記しておく。

 
 
 
 

まずは、ザスパ監督就任にあたって当時、

在任していたヘッドコーチを辞することに

同意して頂けた

水戸ホーリーホックに敬意を払おう。

 
  

水戸ホーリーホックは秋葉氏が去った後も

安定的にザスパを超える収益(収入)と

入場者数を数えるようになった。その点でも

改めてザスパは水戸を見習う必要が有ろう。 

 
 
 

2つ目、経営的に「行き詰まった」時期に

あえて就任頂いた秋葉氏に敬意を払おう。

 
 

2012年末、副島氏が去ることが公表された当時、

秋葉氏以外に候補に上ったのは2005年に監督を

務められた手塚氏くらい。加えて、その当時、

選手OBから輩出しようにもGK小島氏は

S級取得を嫌がっていた(←結局、取ったけど)し、

MF鳥居塚氏とかはS級取得中と言った身であり、

若く(30歳代)にしてS級を持っていた秋葉氏の

J初陣が「金銭的に最善」と言うのは読めては居た。

 

 

そして、3点目。

大きいもの、小さいもの”ネタ”は

有ったけど、選手時代そのままの

「ナイストライ」だったと思う。

(あと10戦残しての公表だったけど)

 

”ネタ”については、マン・ツー・マン(man-to-man)の

コミュニケーションと言うのは機械とかコンピュータを

相手にするものでは無いのだから、伝わった

ところで”想い”や”意図”が変わってしまったり、

「あらぬ方向に行ったり」とかは起きて当然。

 

個人的にも、この時期に前後して”教える”

仕事をしていたものだから痛いほど良く判るが、

1つだけ苦言を記すならば、

選手以外とのコミュニケーションに限っては

「大きな失敗」だったのではないでしょうか?

2014年で言う「ゴール裏」と言った狭いところにしか

向いていないと記しても過言では無いと小生は想う。

 
 
 

当ブログが直近2年ほど呈し続けている疑問、

その応援、そのゴール裏、

安全かつ”仲間”が増えていく

方向に向いてますか?


(望ましくないのは、自己満足、

 100人以下の小集団満足)

 
 

その疑問に対して、秋葉氏には、

試合前の作戦、そして、

試合中の采配を通じて、

上記を呼び込む流れ
を作れたら

120点だ
期待していたが。。。 

 

 

 

最後に、もう1言。

退任表明後の今日から始まるアウェイ3大決戦

しっかり、纏め上げて頂けることを期待します。

 

野暮用で今日の現地には行けませんが…

 

|

« 栃木県南部→前橋で「ぐんまワンデー世界遺産パス」と言う選択肢 | トップページ | 川原湯温泉駅の歴史が変わる日、そして「樽沢トンネル」×「651系」 »

【特設】コツコツと@ザスパ」カテゴリの記事