« [写真特集]ザスパが駒場で浦和を破った日+JR浦和駅にて | トップページ | ”悪ふざけ”の【【【代償を引きに行く】】】気か?(J2#30、ホーム戦、ザスパ1-3松本、一部【特設】、7時微修正) »

2014年9月 1日 (月)

伊勢崎市は街づくり上「鉄道無視」を続ける気か?(前橋のフットボールセンター構想にも関連)

※おことわり※

昨晩、行われたJ2#29の

ザスパvs松本の結果は

今週の何処かで触れます。

 ★もしかしたら、週末になるかも

※おことわり:終わり※

 

当ブログで先日、前橋市による

JFA公認のフットボールセンター

開設構想について触れたが、

その記事の最後で

「公共交通不毛の地」に

公共施設を作るんですか?

と取り上げた。

 
 

ところが、2014年7月29日の

上毛新聞(紙面は1面トップ)で…

 
   

2013年のJR乗車数を取り上げられ、

1日平均の数であるが、伊勢崎市の

伊勢崎、国定(くにさだ)、そして、

伊勢崎にも近い前橋市となる駒形の

3駅は10年前の2003年に比べて

共に利用者は増加している
と言う。

 

中でも、伊勢崎駅は高崎に次いで

県内2番目となる679人/日(平均)も伸び、

桐生駅を引き離し、18~20歳に差し掛かる

群馬県民だったらほぼ誰もが一生に一度は行くこととなる、

運転免許試験場が有る新前橋駅に

迫る数となってきている。

 

一見「特に突っ込み処は無いじゃん」

と言えそうな状況下ではあるが、

市内の一般路線バスは埼玉県本庄駅向け

東京の練馬と新宿向けの高速バス

除いて「ほぼ駆逐完了」状態で、

街は無料バスが回っている状況。 

 

その上に、伊勢崎の「もう1つの象徴」

と言えよう巨大ショッピングセンター、

西のベイシアモール、

東のスマークは、

共に、既存JR駅間の

中間点と言って良い場所だ。

 

実は、駒形~伊勢崎と伊勢崎~国定の

JR営業キロは共に5.8kmと言う偶然も有るが、

5.8kmの約半分と見做して、

伊勢崎駅から3km地点を狙って

プロットすると、以下の図ができる。


Photo

Photo_2

現状、群馬県内のJRに駅を作ろうとすれば

自治体が負担することが既成ルール化されつつあるが、

都市戦略として、作る価値は有るんじゃないでしょうか?

 

オマケに、前橋市は前橋駅の降りる方を含めた

乗降車数の1日平均が2万人(この数字は、

”乗降車”のため、乗車1万でほぼ達成)を超えないと、

新前橋~前橋間の利根川橋梁の複線化には

応じないとJRに吹っかけられている。

 

実は、上で御紹介した「中間点」のキャプションを外すと

Photo_3

となり、良く見ると前橋の下増田町と

伊勢崎の安堀町および宮古町との間に

橋が無いのも現状であるが、

ここは、前橋と伊勢崎は歩道や

自転車道に限ったとしてもJR駅と

ショッピングモール間での通路整備で

協調すべきだと思うが、如何なものか?

|

« [写真特集]ザスパが駒場で浦和を破った日+JR浦和駅にて | トップページ | ”悪ふざけ”の【【【代償を引きに行く】】】気か?(J2#30、ホーム戦、ザスパ1-3松本、一部【特設】、7時微修正) »

交通体系論」カテゴリの記事