« 【特設】2015クラブライセンス交付時点【【【5勝3分8敗】】】→この先は如何に!? | トップページ | 【冒頭に緊急告知追加】ついに登場したか!?→「デジタルゲ○フラ」 »

2014年10月 9日 (木)

【特設】2005→2015の変化、ベイシアGとヤマダ電機の競合関係[軟化]か?

ザスパに対して、2015年の

Jリーグクラブライセンスが

【【【是正通達すら無し】】】

J1が交付された件★☆に関し、

 ★とは言っても、J1ライセンス組の中では
  どう考えても「予算規模最少」と言う
  大きな大きな問題が残っている。

 ☆屋根要件でACL出場危惧は有ったか?

2014年10月7日の記事では、

FMぐんまの月1回番組(ポッドキャストも有)で

紹介された目下”イケテル”とか”絶好調”な会社が、

どれだけザスパに関わっているかを調べてみた。

 

これに対して、今日の記事では

 

 

【大物】を扱う。

 

ザスパJ2昇格時から10年来の胸と

背中スポンサーベイシアグループ

(タイトル表記:ベイシアG)と

企業収益、群馬代表、ヤマダ電機。

この10年来の変化を見てみると…

 

10年前の2005年、ザスパJ2の頃を踏まえると

ベイシアは平屋大店舗と隣接土地にグループ勢揃え

と言った「スーパーセンター」戦略まっただ中。

一方でヤマダはコジマ(現ビックカメラG)との

競争を制し、高崎駅前に本社を移す構想が浮上。

と言った状況だったが、2015年が見えて来た今。 

 

以下3点の状況ではなかろうか?

 

1)ベイシア電器の縮小と
  ワールドスポーツの拡大

 

  チラシ+現地目撃
    →安中渋川が転換・笠懸は単純閉店(太田藪塚至近)
 
  Web上の情報
    →佐久ICのスポーツ転換長野県から電器撤退
     埼玉栃木茨城千葉などでもスポーツ大拡大

 

2)一方、ヤマダはデパート化と住宅進出

  きっかけは、太陽光発電とエスバイエルの買収

  高崎本社下1階駅側にも有るが、つい最近、

  前橋創業地2店舗集約時に住宅コーナー新設

 

3)ベイシアGの”PBメーカー”化、
  ベイシアの食品は店舗競合しない範囲で外販開始
  カインズはメーカー直販店舗のよう。
  これは、家具などでアイリス○ーヤマの
  ”展示場”と化したセキ○ュー
  と見比べると良く判る。

 

つい最近、「今年こそは」と

県政が力を入れたとか言う

県別ブランド2014

逆に下がってブービー

(46位、下から2番目)に

終わった群馬県で

 

 

改めて「群馬県大結集」


を謳うなら”壁”は外せ。

 

 

 

|

« 【特設】2015クラブライセンス交付時点【【【5勝3分8敗】】】→この先は如何に!? | トップページ | 【冒頭に緊急告知追加】ついに登場したか!?→「デジタルゲ○フラ」 »

【特設】コツコツと@ザスパ」カテゴリの記事