« [敬称略]泣くな、宮崎、”漢(おとこ)”だろ(J2#38、ザスパ1-2千葉、そしてストーブ点火) | トップページ | タマの平日休み »

2014年10月29日 (水)

「密かに訪れた問題」に対して選んだ道→→→「○○○卒業」

2014年9月5日の記事

いわゆる「1000円LTE」の

BIC-SIMに付随していた

”オマケ”が同年9月末で

縮小された件について

このほど、結論を出し、

実行に移した。

 
 
 

結論→「ひかり卒業」

 
 

今の住所に移った際にаμひかりを

固定電話付きで契約していたのだが、

 

固定電話はJ-COMフォンプラス

インターネット接続は2014年9月に

群馬に上陸
したWimax2へ乗り換えた。

 

今日は選定に当たるポイントを挙げておく。 

 

<固定電話>

[結論]

J-COMフォンプラス同番移行

[検討ポイント]

J-COMと言えば、当ブログで2008年に

強引な営業に対する注意喚起
を行ったが、

2014年には住友商事とKDDIの折半出資となり、

аμひかりから直接発行された固定電話番号も

特に問題なく同番で移行することができた。

それと共に、上述の2008年に注意喚起したうな

「ケーブルテレビも入って貰わないと受付しません」

と言った強引な営業は影を潜め、

「税抜1,330円/月からの電話だけ」でも

快く工事して頂けた。
両親が主に使うが順調です。

 
 

<インターネット>

[結論]

Wimax22年契約

端末:NAD11(NEC子会社)

契約:NIFTY(J-COMでも契約は出来たが…)

 

[検討ポイント]

以下は全て、2014年9月の契約当時の条件、

1)契約時の一時金が僅か1円でクレードル付き

  (1~2年前は2万円+クレードル別売りとか有った)

  更にアンドロイドタブレットのオマケか、

約1万円キャッシュバックが選べた。

2)Wimax2だと月間7ギガバイト制限が有るが、

  少なくとも直近2年は対象外の条件が付いていた

  その後も、auスマホの料金プラン「LTEフラット」が 

   残っていれば延伸も出来そうだが…まあ2年後か。

 

3)とりあえず、固定っぽく使うも良し、外出時(通勤含む)の

  パケット数量対策にするのも良しと言った選択肢の増加が

  Wimax2化のメリット(固定電話と足し算しても数百円差)

 
 
 
 

<2年後の選択肢>

今回、J-COMのケーブルを家屋に取り込めたので、

固定的なインターネット接続は宅内端末の追加工事が

手配により(予想:所要1週間)何時でも復活できる。

この際、固定電話パックの160Mコース(税抜5695円、

auスマートバリューで約1000円引き)も有りだろうし、

小さく1Mbpsコース(+固定電話で税抜き約4200円)

と言う手も無くは無い。

そう、аμひかり+固定電話とJ-COMの

160Mbpsパック(固定電話付)はほぼ同額なのだ。

ネット上では最大1Gbps(≒1000Mbps)とか

2Gbpsとか言うアホ臭い速度競争有るけど、

実用的には30Mbps出てれば困らない。

 

まあ、選択幅を広げたと言うことで。

 

<そして>

ケーブルテレビが提供する電話のアダプタ

Kimg4336

Kimg4335

 

|

« [敬称略]泣くな、宮崎、”漢(おとこ)”だろ(J2#38、ザスパ1-2千葉、そしてストーブ点火) | トップページ | タマの平日休み »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事