« 【特設】正月4日の記事に、ちょっと、ヒトコト | トップページ | [2015.3.14JRダイヤ改正]平日朝、高崎からの南行きに”変革”か!? »

2015年1月15日 (木)

[2015.3.14JRダイア改正]東日本で”意外感”ダントツトップ事項がある!

当ブログでは2014年12月20日に

速報した
ところで業と越年させて頂いたが、

その前日(12月19日)に発表された

2015.3.14JRダイア改正について、

今日は東日本

「意外感ダントツトップ」

事項が有るので触れる

 

それは…

 
 
 
  

本社発表(PDF)で言う9項目目にある

 

京浜東北線の田端~浜松町間で

概ね10時から15時半頃に運転される

快速列車の停車駅が追加される件。

 
 

追加対象は2つ。

全日の神田駅と

土休日の御徒町駅。

 

これが実現すると、

快速と言いながら土休日の

上野~東京間は全駅停車

になる。

 
 

某匿名掲示板上の予想板では

上野東京ラインが開業すると

京浜東北線の快速運転時間が

広がるとか、極端なものとしては

朝の通勤ラッシュが終わったら

終電まで全て快速になるとか

言う予想が繰り広げられたが、

出てきた答えが真逆だった。

 

JR東日本の公表では、

京浜東北線の快速停車駅追加は

神田駅での中央線快速電車との

乗り継ぎ改善と謳っていたが、

某匿名掲示板では、上記以外の

背景を推察する投稿ネタも増えた。

 

それらの中で小生が

「あり得そう」と感じた
のは

 
 

上野東京ラインの新橋および

日暮里(常磐線方面限定)と

京浜東北線の神田・秋葉原

および土休日の御徒町との間で

到達時間の平準化を

狙ったのでは?
と言う説。

 

品川・川崎・横浜方面から見て、

新橋と日暮里に行くなら上野東京ライン、

中央快速線方面なら長大エスカレータを

介しなくてはならない東京駅を避け、

神田での乗り継ぎを誘導を狙ったというわけ。

 

でも、それを差し引いても、

土休日の御徒町停車が

何なのだろうかと…

 

京浜東北線で快速が始まった四半世紀前とかは、

東京駅や上野駅で山手線と京浜東北線が

15秒差位で到着になると「乗り換えが

終わるのを少し待ってくれた」

ここ5年くらいは明らかに

”冷酷”だった件への回答

なのかもしれない。

 
 

|

« 【特設】正月4日の記事に、ちょっと、ヒトコト | トップページ | [2015.3.14JRダイヤ改正]平日朝、高崎からの南行きに”変革”か!? »

交通体系論」カテゴリの記事