« 海老名~沼津「第3ルート」が3月開通+栃木グリスタ新?ルート | トップページ | 上野東京ラインで”起きる”と思っていた”謎”が残った件 »

2015年2月21日 (土)

【意外】橙色の初代【ガラホ】…端末価格が”想像以上”だった件

当ブログでも過去2回

その1その2)と触れた

橙色の初代【ガラホ】であるが、

今週、2月20日(金)発売と

端末価格が公表された。

 

報道→ケータイWatch記事(2月17日)

 
 

この報道記事に、

ある種の衝撃

を受けた。

 

上記で紹介した報道記事から

端末価格の部分を引用するが

 

~引用開始~

価格は4万9680円(税込)で、

毎月割(24回払いの総額)が

3万1104円となり、2年間利用時の

実質負担額は1万8576円。

~引用終了~

  
 

毎月割の差し引き前、

消費税8%込みでの

「5万円割れ」は

”想像以上”の安価

 

傍目でも「お買い得」

 
 

現時点で個人的に気づいている範囲で

Volte非対応(但し、当ブログ過去記事でも

触れた囲み取材記事に拠れば”時間の問題”)、

テザリングの無線LAN周波数が

いわゆるB系(2.4Ghz)限定と言う

欠点は見えているが、2年もすれば

市場での価値は見えてくる
だろうね。

 

ここは「群馬県民★らしからぬ」発言となるが、

統計上は現れない”隠れ最混雑”路線である

最凶線遭難顰蹙ラインにおける朝の満員電車では

ブラインドタッチによるメール本文

作成はスマホでは不可能な”芸当”
だ。

 ★このマイカー王国流は無くは無いと言えるが、

  ブログ記事では”ピー”だらけになるので(爆)

 

<ところで>

そういう束子は…3G卒業済み(大謎)

 

<関連報道>

AQUOS Watch+特集記事

「AQUOS K SHF31」開発者インタビュー
Android搭載の新しいフィーチャーフォンが生み出す可能性

 

|

« 海老名~沼津「第3ルート」が3月開通+栃木グリスタ新?ルート | トップページ | 上野東京ラインで”起きる”と思っていた”謎”が残った件 »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事