« ”接点変更”の理由を明かしておく…(2015J2開幕、ザスパ0-1横浜FC) | トップページ | [通勤日記]さよなら、この表現!! »

2015年3月11日 (水)

[震災復興]あれから「4度目」の3.11を迎えるにあたり…

本記事公開の12時間後、

あれから4度目

3.11を迎える。

 

過去3度を振り返ると…

2012年→2日前の予兆

2013年→事実関係の再認識

2014年→平野部豪雪から引き戻すとともに

       2019&20に向けて決意表明

と言った感じだったが…

 
 
 

2014年は、その後7月に

特設カテゴリ

{奥州EyEs}を設け、

前後半合計で1週間ほど、

東日本大震災の被災地、

東北地方の太平洋沿岸を

縦横断+資格取得させて頂いた。

 ※14年3月頃からネタ練りしてたけど…

 

でも、2014年7月当時は国道6号も

放射能高濃度地域は分断状態だったが、

同年9月11日に通過交通に限り再開

2015年1月末からはJR運休区間

代替としてバス運行も始まった。

更に、国道6号より内陸・高台側に

構築中であった常磐自動車道が

2015年3月1日に開通(全通)した。

 

国道6号経由で片道1回あたり

「胸部エックス線撮影の50分の1」

の濃度
常磐自動車道経由(調査結果)では

概して胸部エックス線の150分の1以下

と言われる放射能を受けてまで

当地に行くかは悩み処である。

(NEXCO東日本、常磐道特設Web)

 

そうは言いながらも、対外的に

「災害が少ない」強みがある

群馬県からも、何かしら考え、

提言できる体制は今後1年も

引き続き貫いていきたい。

 

 

<その上で…>

ちょっと後でネタにしたい、製品情報

パナソニックが意外と頑張っていた

1)燃料電池の出荷価格が100万円を切った模様

 同じころの別のニュースソース、同その2

2)分電盤サイズの1kwh蓄電池が約40万円

3)床置き5kwh蓄電池なら税別90万円

 

◎屋根での太陽光発電では(非パナソニック)

4)屋根面に穴を開けさせない選択肢

5)素材が金属であれば別の選択肢も存在

 

|

« ”接点変更”の理由を明かしておく…(2015J2開幕、ザスパ0-1横浜FC) | トップページ | [通勤日記]さよなら、この表現!! »

四方山話」カテゴリの記事

[震災復興]地震列島ニッポン」カテゴリの記事