« 明日「ササボン」ザスパ中継に伴う「ユウガチャ」欠場で、どうなる、あのコーナー!! | トップページ | 超取り急ぎ、昨晩の第10節ホーム戦、ザスパ1-0讃岐 »

2015年4月29日 (水)

【特設】2014年度ザスパ決算&株主総会について

4月27日(月)の夜に一報を入れたが、

「そろそろ有る筈」と思っていた、

2014年度(15年1月末締め)の

ザスパ決算が明らかにされ

合わせて株主総会が行われた。

 
 
 
 

その報告はザスパ側からPDFで開示され、

翌28日付けの各報道でも触れられていたが、

第1印象としてはクラブライセンス

条件をクリアする動きに終始した

1年だったことを裏付け
ていた。

 

その経緯は、PDFファイルに

粗方記されているとは思うが、

直近の課題は以下の2点かと。

 
 
 

1)スポンサーにパンチ力が無い。

2)グッズが売れてない。正直、不人気。

 

先に2)を触れるが、水戸の同期決算

3年ぶり?の赤字だったものの、

物販収入の54%増が強烈に効いて

スポンサー料と入場料の減を補い切ったどころか、

過去最高収入をプラス2%更新したたと言う。 

ザスパも2014年度からスマイルキッズパスを導入して

小学生の入場料「1年500円」を始めたが、そこを

補うのはグッズと飲食。中でも、古参組が”信じていた”

湯友君のブランド力は実は薄かった

エイプリルフールに自白が有ったのは記憶に新しい。

  
 

で、1)スポンサー類は「パンチ力の薄さ」

 

確かに、2015年体制が明らかになって

ユニフォームパートナーのパンツに新顔が現れたが、

「経営者が同級生@当ブログ予想」と言った、

「服部監督の個人人脈」が目立って
いては

5年とか10年単位では疑問符を付けざるを得ない。

 

当ブログで過去に幾度も触れているので

今回の個別言及は避けるが、上記の1社

以外に目立った新顔が見えていない

(大規模)パートナーについては、

全国で目立つ「群馬ゆかり」企業に求めていくのか、

逆に、「群馬で稼ぐ」企業を徹底的に追求するのか、

踊り場の一年だと個人的には睨んでいる。

 

もっと、問題視しなくてはならないのは、

2014決算概要でも触れられている

クラブライセンス更新資金計画で予想を

 

下回った(小口の)アシストパートナー

 

ようやく、ナデシコに走っていた

サンヨー食品(商標:サッポロ一番)とか

日産やホンダの自動車販売会社の名が見え始めたが、

群馬県の1つの強みと見据えている

観光業(草津以外の温泉地・レジャー施設)とか

群馬県産食材で賄える「すき焼きプロジェクト」も

始動し始めたキーワードを踏まえれば、

食品(6次産業)はまだまだ数は少ない。

年間2万円で済む法人ブロンズ

集中していては寂しいものだ。

もう1段ギアを上げて、言い換えれば、

年間2万円は町内会費レベルだ。

FMぐんまが2万円からと宣伝してるのもね…)

 

フロントとしては、前橋(+隣接都市)に集中するのか、

北部に多く上述した観光+6次産業に活路を

求めるのか迷っている予感もするのだが、

ちょっと、空振りとか薄いパンチは要改善だね。

 

<そう言えば>

栃木は何で9億円も売り上げが有り、何故ザスパの

3倍もの売上原価を掛けられるのかも気になるが、

創業者が群馬県高崎市出身であるビックカメラ

子会社となった際に栃木から撤退した筈コジマが

オフィシャルパートナーとして復活している件。

 

|

« 明日「ササボン」ザスパ中継に伴う「ユウガチャ」欠場で、どうなる、あのコーナー!! | トップページ | 超取り急ぎ、昨晩の第10節ホーム戦、ザスパ1-0讃岐 »

【特設】コツコツと@ザスパ」カテゴリの記事