« 公共交通に興味無しと思っていた○田市長が【鉄道新駅要望】を出した件 | トップページ | あーあ@H下弁護士が自らに[政治家生命への【赤札】]を課した件 »

2015年5月22日 (金)

6.7、遂に、群馬県と成田空港が【首都高以外の高速道路】で直結される件(6時修正)

GWが終わったら取り上げようと思いつつ、

GWが終わるまですっかり忘れていたのだが、

約2週間後、2015年6月7日に、

群馬県と成田空港が

【首都高以外の高速道路】

で直結される。

(報道:response@2015年4月27日

 

高速道路の開通区間としては…

 
 

千葉県の圏央道、神崎(こうざき)ICと

大栄JCTとの間、約10km区間なのだが、

(公式発表:NEXCO東日本@2015年4月24日

 

これによって、常磐道と東関道が

首都高を介さずに直結
される。

 

一方で、群馬から常磐道は先に

北関東自動車道で結ばれていたから、

ちょっと遠回りだが、冒頭に記した

首都高以外の高速道路で直結

が成り立つのだ。

 

でも、改めてNEXCO東日本からの

プレスリリースPDF7ページを見ると

なんか、圏央道の埼玉と茨城県内区間が

2015年度内に全通できた場合の

成田空港~前橋市役所間での

所要時間比較なんかが載っているが

実は、圏央道経由の方が7km長く

ちょうど200km程度
だと言う。

 

ただし、所要時間そのものと、

所要時間のバラツキは共に

圏央道経由の方が有利だと言う。

 

でも、個人的に注目しているのは、

土休日のETC休日割引が

効いている場合の北関東道経由。

 

すぐ計算できる前橋IC~神崎ICの

ETC休日割引は3890円
だと言う。

(通常料金は5560円)

成田空港まで開通した時の予想で、

4300円位と予想しているが、

これが、東北道と常磐道の間の

圏央道が開通した後でも適用される

最安値経路になりそうなのだ。

 

また、東関道と常磐道間の圏央道は

仕方なく片側1車線で通るとしても、

常磐道と東北道との間の

圏央道でも片側1車線区間が存在する。

つくば市付近のほか、この3月末に開通した

久喜白岡JCT―境古河IC間のうち11kmも)

 

一方で、北関東道は当初から

全区間追い越し可能である

片側2車線で実は黒字運営
だと聞く。

 

距離は約30km長くなるが、

実際の経路としても北関東自動車経由も

結構有力な選択肢にならないかな?と。

 

特に、最近、ちょっと苦戦しているらしき

成田空港と群馬県内を結ぶ高速バス

(中西毛:関越交通桐生東毛:関東自動車)

|

« 公共交通に興味無しと思っていた○田市長が【鉄道新駅要望】を出した件 | トップページ | あーあ@H下弁護士が自らに[政治家生命への【赤札】]を課した件 »

スバル&自動車」カテゴリの記事

交通体系論」カテゴリの記事