« 明日、遂に勃発!! | トップページ | 【特設】ザスパ的にも、無視していられない、富士重工業、業績絶好調!!(9時修正) »

2015年5月 9日 (土)

それでは、移行は進まない!@ベイシア文化会館(群馬県民会館)の駐車場対策

GWも北陸新幹線ネタ祭りを

続けている当ブログであるが、

2015年4月21日の上毛新聞記事に

ベイシア文化ホール(群馬県民会館)で

催物開催時に慢性的に

発生している駐車場満車対策として

上毛電鉄を利用してきた来場者に

大人300円、子供150円を

助成すると言う記事が有った。

(対象は7月1日の松竹大歌舞伎から)

 
 

でもさ。。。
 

 
 
  

それ”だけ”では、

移行は進まないと思うし、

 

それほど、群馬”名物”の

マイカー社会は甘くない。

 
 

第1のハードル、上毛電鉄の

中央前橋駅
から徒歩15分

 

書籍で片側2車線の道路向かいにある

コンビニにマイカーで行くと揶揄される

群馬県人は徒歩”5分”以内

じゃないとマイカー有利の判断をするから。 

 
 

第2のハードル、助成額が復路分の

運賃として300円だと報じているが、

建物前の駐車場が満車の際に

前橋市営「パーク城東」駐車場

利用者に助成している額と一緒じゃん。

上毛電鉄で中央前橋から片道300円って

6km弱の心臓血管センター駅までだ。

ぶっちゃけ、電車の運賃なんか見ちゃいない、

駐車場料金と同等
が発想の起点と考えられる。

 
 

では、どうあるべきか?

(1)大ホールで入場料1人5000円以上の興業では

  入場料とは別枠で「来場コストプール制」を導入する

(2)鉄道駅、中央前橋、JR前橋の両駅からシャトルバス、

  および、既存一般路線バスの迂回運行を行わせ、

  対象バスは正面入口「目の前1等地」で乗降する

(3)詰め込み駐車は廃止、県立図書館と

  歩調を合わせて、駐車場にゲート導入。

 

これらにより、鉄道+バスでの来場者には

プールした資金から還元を行い、マイカー利用者は

還元無し、あるいは、更に割増を要求する。

 

群馬県人は財務用語で言う「車両損料」は

然程気にしていないが、ガソリン代がタクシー代を

下回っている限り「それでも、マイカーだね」と言う

層は必ず居るので、プール資金は思い切って

「1人1000円」で設定したって良いくらい
だと思うよ。 

 

あ、もちろん、障がい者、乳幼児向けではない

公演における乳幼児連れとか、マイカーで

あってもプール資金から還元を受けられるべき

対象者はゼロでは無いことは付しておきます。

 

<参考>

上毛電鉄から詳細告知(PDF)
 

|

« 明日、遂に勃発!! | トップページ | 【特設】ザスパ的にも、無視していられない、富士重工業、業績絶好調!!(9時修正) »

交通体系論」カテゴリの記事