« 勝利宣言は高らかに!!→→→いい加減にしろ@JR東日本高崎支社は【【【解体上等】】】!! | トップページ | 【追加情報と続編】・群馬出身の20代&30代女性が思いっきり訴えている件 »

2015年6月14日 (日)

群馬【【出身】】の20代&30代【女性が思いっきり訴えている】ジャン!!

2015年6月10日の上毛新聞に

(Webは概要)で当ブログが持つ

長年の主張を裏付ける

調査結果が出てきたと報じた。

 
 
 

上述した上毛新聞記事の

冒頭を引用することとするが

~引用開始~

群馬県出身で県外に住んでいる20代、

30代女性の4割近くが「群馬に戻りたくない」と考えていて、

主な理由は「公共交通の便が悪い」「街に活気がない」

であることが9日、県が公表した「若年女性アンケート」で分かった。

~引用終了~

  

若くして群馬から出て行った

女性たちは公共交通の不便さ

トップ項目に挙げている。

この記事は紙面まで確認したが、

回答割合は30%だ

と報じている。

 

繰り返す、公共交通の不便さが

群馬を出て行ったトップ項目だ。

この逆を突けば、群馬では

公共交通をマトモにするのも

人口減少対策の1つに成りうる

ってことだ。

 

今日は、つべこべは止めて、

あと1つ、キーワードを付しておく。

群馬県南部、なかでも、

高崎と前橋に絡む

路線バス事業者の

数が多過ぎじゃね?

そりゃ、意思決まらんやろ。

  

自治体も自治体で

補助金を出しておいて

運行への介入は事実上

ホッタラカシ
は無いだろ?

 

特に、公営大学を持つ

どっかの自治体さんよ。

(さあ、どっちだ?)

 

|

« 勝利宣言は高らかに!!→→→いい加減にしろ@JR東日本高崎支社は【【【解体上等】】】!! | トップページ | 【追加情報と続編】・群馬出身の20代&30代女性が思いっきり訴えている件 »

交通体系論」カテゴリの記事