« 【特設】[お・も・て・な・し日記]2015梅雨時に気づいたこと | トップページ | 【予告】ちょっとペースダウンしてますが… »

2015年7月28日 (火)

スバルのリメイク【クロスオーバー7】は某競合車対策?

2015年6月初旬の話になるが、

高崎駅の東口改札外や

大宮駅改札内の書店で

正直「えっ?」と思った

ムック本の山積み

を目撃した。

 
 
 

登場7周年を迎えた

スバルの7人乗り、エクシーガを

クロスオーバー7

にリメイク。

富士重工業は軽自動車の生産から

撤退して以降、統一性のある外観を

狙いながら車種展開を行っているが、

フォレスターと言うよりかは

レガシィ・アウトバックに似せて来た。

 

いや、アウトバックの子分であり、

ついでに7人乗れまっせ

と言うべきだろうか。

 

エンジンも、ちょっと乗ってた

2.0ターボ+5速ATは廃され、

2.5NA+CVT(疑似6速付)を

ベースにアイサイトV2の

ワングレード
に行きついた。

<念のため>
 ・アイサイト付き→必然的にAWD
 ・アイサイトV3も実用され始めているが、
  【機械的】にはV2の方が面白い

 

安全面もスバルは専ら最高峰を

突き続けており、7年経っても

普通に発売し続けられることを

イメージしておけば充分だろうが、

オーストラリアでの発売も止め、

日本国内専売で月間販売目標600台(3桁)と

言ったモデルを残し続けて頂ける
ことに

感謝しなければならないだろうし、

「3年で売上2倍」と言う

スバル絶好調
関連記事1

関連記事2)の賜物でもあるだろう。

 

で、タイトルの話。

何で、クロスオーバー7を出したのか?

目産の工クストレヰルが

2013年末のフルモデルチェンジで

一部グレードで7人乗りが設定

された点への対策が個人見解。

 

スバルとしてはフォレスターで

対応したかったが、7人乗りは

難しいので、エクシーガのリメイク

に走ったと言う点を睨んでいる。

 
 

そのフォレスターも世界的に好調維持のようだが、

現行モデルが2012年末発表である点を考えると、

2016年末にフォレスターを

フルモデルチェンジさせて

そのタイミングで7人乗りも設定?

かなぁ@あくまでも個人予想

 

それより、スバルさんよ

業績絶好調だからこそ

日本でディーゼル出さない?

 

トEタでも遂に乗用車系SUVで

ディーゼル復活の兆し
があるようだし。

 

|

« 【特設】[お・も・て・な・し日記]2015梅雨時に気づいたこと | トップページ | 【予告】ちょっとペースダウンしてますが… »

スバル&自動車」カテゴリの記事