« [通勤日記](番外編)時代は【【西日本】】だ!! | トップページ | 1人が水を差した挙句、ラモスに連敗&著名選手怪我の件(一部【特設】、6時追記) »

2015年8月31日 (月)

復活なるか@電動原付

2009年2012年

当ブログで触れているのだが

普及しそうでしないのが、

電気自動車もそうだけど、

電動の原付自転車。

群馬県は信号交差点における

2段階右折は全県で適用除外

となっている筈だが、

東京都内(警視庁)では、

2段階右折指定だらけで、

白ナンバーの原付を見かけなく

なってきている(その分、電動

アシスト自転車が急速普及)。

 

その状況下で・・・

 
 
 

ヤマハ発動機が2015年7月29日に

電動原付バイクの新車種を8月の

お盆過ぎから発売すると発表した。

 

ヤマハ、3時間の充電で29km走行可能な新型電動スクーター「E-Vino」
電動アシスト自転車とエンジンスクーターの“間”を担う、都会の女性向け2輪

~Car Watch 2015/7/29~ 

【ヤマハ イービーノ 発表】「ブースト」機能を搭載、電池残量を細かく表示し安心感に
~レスポンス 2015/7/30~ 

 

2009年とか2012年頃は、電動原付専用で

1つの車種を作っていた記憶が有るのだが

2015年、今回は、先にガソリンエンジンで

発売されていた車種を電動化した形。

 

重量は電動の方が軽く(電動68kg/ガソリン80kg)

価格も税8%込で電動23.6万/ガソリン20.4万と

電動が10%ほど高いが、経産省系の補助金2万円が

得られれば「ほぼ同等」と考えて良いだろう。

 

ガソリンの方の仕様を見ると、ガソリンタンクは

4.5リットルと言うが、最近減っているガソリン

スタンドを探すのも手間だし、1リットル単価も

一時期存在した「20リットル以上価格」とは

異なる価格が怖いことを考えたり、個人的に

夜間半日が安い電力契約をしているので、

電動の方に価値が出てくるかも知れないね。

 

また、個人的にもう1つ注目しているのが、

座席下にヘルメットは収納できない代わりに

予備のバッテリーが収納できること。

バッテリー1本での想定走行距離は29km

と言うことで、高崎駅にほど近い自宅から

敷島・正田スタまでスマホアプリの

GPS実測で片道13kmなので、

バッテリー1本では不安があるが、

2本あれば、敷島からの帰りに

「ちょっと寄り道」もできる感じ。

 

【厳重注意】飲酒運転は「犯罪」です。

 

2015年9月以降、電動アシスト自転車と

電動原付のセットで全国巡回試乗会を

行っていく
らしいので、チャンスが有れば

試しておきたいと思う。

 

<補足>

ヤマハ発動機ニュースリリース

ヤマハ発動機・製品情報

 

|

« [通勤日記](番外編)時代は【【西日本】】だ!! | トップページ | 1人が水を差した挙句、ラモスに連敗&著名選手怪我の件(一部【特設】、6時追記) »

スバル&自動車」カテゴリの記事