« JR前橋駅に開店したベーカリーが「まさかの運営者」だった件 | トップページ | [2015.3.14]もしも、高崎で新幹線滞泊「3本化」が始まったなら… »

2015年9月14日 (月)

【【【コピペ】】】しやがったな@駒形~伊勢崎間JR駅復活検討の件(一部【特設】)

当ブログで1年ほど前、

2014年8月27日の記事

前橋市が建設を進めている

JFA公認フットボールセンターについて

 

U-15など自動車が運転できない年代の

全国大会を定期的に誘致しようとしている場所が、

市の公式Web上で最寄JR駅から

”徒歩1時間”とか平気で記しちゃう。

と言う指摘を行った。

 

ところが、

2015年9月10日の上毛新聞にて…

 
 
 
 

JR両毛線 新駅の可能性調査サッカー場計画で浮上

 

と報じられる。

 

上記リンクから一般公開部分を引用すると

 

~引用開始~
県と前橋、伊勢崎両市が、JR両毛線駒形―伊勢崎駅間での
新駅設置の可能性を探る調査研究に乗り出す。
両駅の中間地点に関東最大規模のサッカー場(前橋市下増田町)を
整備する予定の前橋市が提案し、県と伊勢崎市が応じた。
新駅やアクセス道路の整備が実現すれば、周辺地域の
活性化や両毛線の利用者増加が期待される。
県と両市の交通、都市計画両部門の担当者が集まり勉強会を開く。
需要調査をするほか、新駅を設置する場合の課題を洗い出したり、
新駅を核とした周辺地域の整備のあり方、実現可能性などを探る。
状況に応じてJR東日本にも参加を求める方針だ…
~引用終了~

 

と言われ、前橋市が県と伊勢崎市を誘って

調査はOK
と言うのが今の段階であるが、

 

有料スマホ版でこの記事の全文を確認したところ…

 

当ブログの2014年9月1日に

公開した地図
のコピペやんけwww

だからと言って、著作権だ、アイデア料を

頂くつもりは今のところ無いし、全文記事に

記されている、旧・下増田駅も明確な位置は

知らなかったが、歴史上の存在は知っていた。

 

まあ、90%オトコの書き込みと言われる

某匿名掲示板、および、付随の地域板では

「無駄な公共投資」との指摘が早速出ていたが、

 

当ブログ最新主張である

「公共交通の不便さは

 群馬の過疎を加速する」

に照らし合わせれば、

現時点では前を向くべきだ

と記しておく。

 
 

一つ、書き足すのであれば、

伊勢崎市で言う、東のスマーク、

西の西部モールの各運営者は

徒歩圏内に鉄道駅を造られる

時点で「受益負担」をすべきだ

とは記しておく。

2015年9月10日の記事で触れた

イオングループは路線バスまでであるが、

確実に実行しきれている。

 

この点、普通の群馬県南部民、

特にオトコ連中には早々には

信じて貰えないのだろうけど、

イオングループは賞賛されるべきだ。

 

とまで今日は記しておく。

|

« JR前橋駅に開店したベーカリーが「まさかの運営者」だった件 | トップページ | [2015.3.14]もしも、高崎で新幹線滞泊「3本化」が始まったなら… »

【特設】コツコツと@ザスパ」カテゴリの記事

スポーツ系四方山」カテゴリの記事

交通体系論」カテゴリの記事