« 【速報】【特設】突然サポカンの”狙い”判明!!(22時公式発表など追加) | トップページ | 【特設】親子”特割”も伏線だったのか?+[再掲]関越交通バス時刻変更に注意 »

2015年9月30日 (水)

「平日限定、1日3本」って何?@高崎&前橋の中間点病院に路線バス

公共交通の不便は

【群馬の人口減少を加速】する!!

ことが県主導のアンケートで自爆判明したため、

当ブログでは群馬県、特に南部平野部における

公共交通に関する記事取り上げを強化しており

サッカーファンには恐縮させている

2015年9月3日から4日に掛けて、

高崎・前橋の両市から連名とか言う

滅多に見られない発表が有った。

 
 
 
 

群馬中央バス 高崎駅~前橋駅 間の

幹線バス路線 日高病院への乗り入れ

<発表資料>
高崎市前橋市群馬中央バス(PDF)

<参考>
日高病院の交通案内(未反映)

 
 

この発表、乗り入れ実施自体には

文句は言わないが、群馬県南部の平野部で

平日18.5往復/土休日13.5往復 

(中央のつかない「群馬バス」と2社共同運行時代も

 知っている身にとっては、相当減ったのも事実だけど…)

と、どうにかこうにか頑張っている路線で

日高病院への乗り入れが

僅か3往復と言う発表では

 

”実験”の域を出ない。

 

やるならやるで、コミュニティバスの

「ぐるりん」頼りを脱却すべくの勢い、ひいては、

外来診療を受け付けている時間帯全てとか、

入院患者への面会を受け付けている時間帯全てとか

で実施するのが、

「あるべき姿」なんじゃないの?と。

 

あと、高崎では最近、古参の総合病院について、

近隣を含め建て直しや移転が増えている。

ここも、「群馬の未来創生懇談会」

での議論対象だとは思うけどね…

|

« 【速報】【特設】突然サポカンの”狙い”判明!!(22時公式発表など追加) | トップページ | 【特設】親子”特割”も伏線だったのか?+[再掲]関越交通バス時刻変更に注意 »

交通体系論」カテゴリの記事