« 【超速報】群馬の正月、滑り込みセーフ | トップページ | [2015.3.14]東京~新潟遅すぎる問題【現実的な約10分】の短縮案 »

2015年10月18日 (日)

群馬の未来創生懇談会の皆様へ(勝手案2)【【【残せ、鉄路】】】そのためには…

前回、群馬の未来創生懇談会の皆様に向けて

飲食料品取扱店およびコンビニエンスストアの

全てに対し、Web上での店舗紹介ページ、

チラシ(配布物)の全てについて

「最寄りの公共交通を明記する」ことを

提案させて頂いたが、

今日は鉄路を取り上げる。

 

基本的に…

 
 

現・新潟市が苦悩する

新潟交通の鉄道線廃止と

市長肝入りBRTの状況を

見て記すわけでは無いが

 

JR・私鉄問わず、群馬県内に

現時点で残っている鉄路は

全て残さなくてはならない。  

念のためだが、”残すべき”では無く、

”残さなくてはならない”と明記する。

 

もしも、利用者の減少を理由にバスへ

移行したとなると、専用道路作っても

移動速度は確実に下がるし、

バス1台の乗客は立ち席の

詰め詰めしても70人規模だ。

更に高速バスは着席縛りが生じる。

 

一方で、群馬県内のJRは

  
國鐵髙碕
 

 

と揶揄されるほど、本州のJR3社間で

ワンマン運転の導入やエコ車両(電力回生車両)が

非常に少ないなど超・後進地域であり、

コストダウンの努力が見えない。

 

群馬県の役割として、

こんな状況を打開する

”刺激”を与えてほしいのだ。

 

それは、第3セクター会社を作るか、

税金にするかは迷っている段階だが、

群馬県内のJR駅を

対象に1乗車あたり

10円を積み立てる。

加えて、新幹線は高崎駅に限り

1回50円の積み立てを要求する。

 

この資金を基に、群馬県内で

JRの利便性とエコ観点での

両立&向上に向け

”口出し”する権利を得る。

 
 

一見、キツイ値上げに見えるが

最近の若い方は紙のキップを買わず

ICカードで通過する方が多いので、

1乗車ごとに10円加わっていることに

気づかない(気づかせない??)。

 

JRで特定県を狙った料金加算が

システム上で実現できるのか?

と言う話も出るだろうが、

青函トンネルや瀬戸大橋で

”加算運賃”の実績は有るし、

今では本州以外の3社では

運賃テーブル自体変わっている。

 

然程、心配はいらない。

寧ろ、支社長入れ替えれど、

何も改善が見られない

國鐵髙碕の方が数倍オカシイ。

 

とっとと、エコ車両導入に関する

公式発言は求めたいところだ。

|

« 【超速報】群馬の正月、滑り込みセーフ | トップページ | [2015.3.14]東京~新潟遅すぎる問題【現実的な約10分】の短縮案 »

交通体系論」カテゴリの記事