« 11月19日、とりあえず、この【3記事】を読もう!!(一部【特設】、6時体裁見直し) | トップページ | おはようございます »

2015年11月21日 (土)

ガラホ型が第1弾となった、もう1つの【気になる新参スマホ】

前回はNIFTY(富士通系)が始めた

気になる新参スマホを取り上げたが

その数週前に、もう1つの

気になる動きが有った。

 
 

J:COMがau網でMVNO参入、
映像コンテンツは通信量カウントなし

LGのフィーチャーフォン型LTE端末やタブレットも用意  
~ケータイWatch 2015/10/13~

J:COM、MVNOサービス「J:COM MOBILE」発表
第1弾スマホは折りたたみボディの「LG Wine Smart」 

~ITmedia Mobile 2015/10/13~

 

実は、ネット上で最初に食付かれたのは

端末、ガラホ側。

 
 

J-COMにとって親会社となる

橙色の純正ガラホはGooGlePlay

(アプリダウンロード)に

対応させていないのだが、

J-COM側は対応していた点。

 

10年来の個人基本として

カメラ、メール、Web閲覧

(+極力おさいふ)は

ワンデバイス志向であり、

今どきの処理能力と電池で有れば

画面タッチは必須では無いが、

カメラ300万画素では

流石に別持ちが要る。

 

だけど、どうも、J-COMの狙いは

50から60歳台前半っぽいんだよな。

ガラホ型を選んだところから始まっているが、

そこに、J-COMが扱う動画配信を見る際は

使用パケット量に数えない
と言う点。

ここは選り好みが有るだろうが、

J-COM謹製「おまかせサポート」

(税抜540円/月、最低6か月)を

契約していると個宅訪問も辞さない
と言う

気になる人は見てほしいのが、

以下のインタビュー記事だ

動画配信の通信量無料
~J:COMの新モバイルサービスのインパクト
訪問サポートは他社が真似できない武器

~ケータイWatch 2015/10/14~

ここは、店舗売り主体、中でも代理店による

店舗網の縮小傾向に入りそうな気がする

携帯大手3社の

真逆を突くJ-COM

と言う構図になる。

あと、もう1点。

通話料がNIFTYで紹介した定額ではなく、

MVNOでは御約束の30秒20円なので

この辺を参考に、半額とか無料の

通話アプリを検討した方が良さそうですな。

(そこまで、J-COMはサポートしないだろうけど)

 

 

|

« 11月19日、とりあえず、この【3記事】を読もう!!(一部【特設】、6時体裁見直し) | トップページ | おはようございます »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事