« 【謹告】昨年までの「年末の御約束」について | トップページ | 年初早々【大きな宿題】が出ています!! »

2015年12月30日 (水)

”実験”かと思ったら本気かよ。もしや、【群馬第1号】も現実味?

当ブログ2015年6月18日の記事

クロネコヤマトが岩手県の重茂半島を対象に

「客貨混載」輸送を始めたことを触れたが

道中の盛岡~宮古の都市間では

観光バス型車両を改造するなど、

正直、実験じゃね?

と言わんばかりだったのだが…

  
 
 
 
 

 宮崎交通とヤマト運輸、西米良村~西都市間の路線バスで客貨混載バス
 10月1日開始。客席の一部を改造して宅急便を搭載
 ~トラベルWatch 2015/9/24~

 

クロネコヤマト側プレスリリース

 

今度は、九州、宮崎県かよ

それも、ステップが垣間見える

年季の入った路線バス車両から

一部座席を撤去して作ったぞ。

 

これ、クロネコさん、本気だわ。

 

と、なると、気になることが有る。

 

群馬県第1号が

現実味を帯びて来たか?

 

その根拠。

日本中央バスが運行する

JR新町駅から神流(かんな)町

上野村方面に向かう「奥多野線

 
 

この路線は歴史的経緯も有り、

日本中央バスが運行している。

 
 

ところが、同社の高速バスで言う

「前橋バスセンター」
本社があり、

大きな車庫が有る場所なのだが、

クロネコヤマトの群馬主管支店

セブンイレブンを挟んで隣の隣。

 

改めて、日本中央バスの車庫と、

クロネコヤマトの群馬県拠点が

クルマ社会で言う”隣の隣”。

 

現状、神流町や上野村でクロネコヤマトを扱う

営業所を検索すると、旧・鬼石町(現・藤岡市)の

浄法寺、国道462号の埼玉群馬県境付近にある

群馬奥多野センター
が担当していると出てくるが、

同営業所の当日発送締め切りが19:00。

これに対し、JR新町駅方向の

路線バス最終便時刻を見ると、

始発の上野村ふれあいセンターが18:00、

途中の神流町役場前が18:50

クロネコヤマトの奥多野センターにほど近い

浄法寺郵便局前バス停が19:36。

一方で、JR新町駅から上野村方向は

新町駅、朝6:50から運行開始している。

 

岩手県の重茂半島での配送計画

更に宮崎県での配送計画時間

比べても、明らかに遅くまで対応できるし、

ましてや、運行を終えた路線バスの回送先が

クロネコの「県域」センターの隣の隣。 

 

これだけの条件が揃っていて

客貨混載の議論が始まらない

方がオカシイと思うけどな。

 

|

« 【謹告】昨年までの「年末の御約束」について | トップページ | 年初早々【大きな宿題】が出ています!! »

交通体系論」カテゴリの記事