« お・の・がみ!!お・の・がみ!! | トップページ | 【速報】[検挙!!]群馬県南路線バス主要2社、揃って広報カレー券か? »

2016年5月11日 (水)

しЯ束目木の”新幹線容量超過”は【初めてでは無い】だろ!!

2016年5月4日(水祝)の

夕方に速報でお送りした

しЯ束目木の東北・上越、および

(JR西日本区間を含む)北陸の

新幹線全44駅における発車時刻

表示が終日できなかった

(報道例:その1その2

 

過去にも、しЯ束目木は

2007年6月22日(第3者視点)、

自社の株主総会実施中の裏で

さいたま市内で電力大トラブル

(対策を公表したPDF)を起こすなど

何かと「やらかしている」会社であるが、

今回も大型連休ド真ん中に

やらかしてくれました
な。

 

でも、翌日の原因公表を見て

【初めてでは無い】だろ!!

と率直に思った。それは…

 
 
  
 

東日本大震災直前となる

2011年1月17日のこと、

朝8時20分頃に東日本の

新幹線が全て止まったトラブル。

小生、当時、品川勤務だったけど、

このトラブルに巻き込まれて

ネタにしてたのさ

 

で、2011年のトラブル原因を一言で

言うと容量超過で処理が

追い付かなくなった。

 

一方、2016年大型連休の方は、

1日あたり列車1600本と

決めていた上限設定を

「僅か6件」超えて処理拒否。


2011年と2016年の差として、

「処理が追い付かなくなった」のと、

「処理したくないと突き返された」

という点で差が有ると言えば有るのだが、

 

処理が追い付かなくなったコトで不具合に気づく、

1600件と上限を決めていたのに入力段階で

警告1つ出さず処理拒否状態に陥って気づく

 

情報処理の観点では

「ヘタクソ」極まりないね。

 

コンピュータのメインメモリが安価になり、

仮想PCによるメインメモリ共有化も

実用段階に入っているのに

何でメモリをケチるかな…

 
 
  

で、2016年のトラブルに対し震災復興と

東京オリンピックを見据えて観点をもう1つ。

当日、列車自体は平常運行だったこともあり、

日本語の判る方に対しては、駅員大量投入と言う

「人海戦術で凌ぎ切った」のは事実と認めるが、

英語放送、アルファベット

表示は丸1日止まった。

ここは、当事者以外にもチャンス到来では?

 
 

|

« お・の・がみ!!お・の・がみ!! | トップページ | 【速報】[検挙!!]群馬県南路線バス主要2社、揃って広報カレー券か? »

交通体系論」カテゴリの記事