« 新潟県「ほくほく線」でも【客貨混載】が発表されるも…規制の壁を感じる | トップページ | 長野県北部で「懐かしいサービス」が残っていた!! »

2016年6月16日 (木)

[震災復興]熊本地震を見て「11,800円LTEスマホ」の【予備機化】を狙った

2016年6月10日(金)の記事で触れた

arpAS01Mと言う怪しきスマホの件、

税別11,800とか言う低価格の割に

何故か「RAM3Gバイト」と

【ムダに元気】

(by群馬県で活躍する某パーソナリティ)

な仕様に目が行きがちなのだが、

コイツを狙っていた、そして、

結局、ちょっと人柱した理由は

熊本地震を見てたからであった。

 
 
 
 

2011年の東日本大震災に続き、

携帯電話/スマホの【パケット網】の

渋滞解消は思ったより速かった。

(電話ではなく、メールおよびメッセンジャーとか)

ここに加え、普段は月間5ギガバイトとか

7ギガバイトとか言った通信容量制限を

4月と5月は外す措置が行われたり、

格安勢でも容量追加が行われた。

(例:橙色5月格安スマホ4月容量追加

  

これらからすれば、群馬から東京への新幹線

通勤に於いて、ここ10年近く通勤カバンに

入れていたモバイルバッテリー★とか、

東日本大震災後に始めた

アマチュア無線機の格納よりかは、

もし、1万円台前半なら…と前置きするが、

電池があり、懐中電灯もあり、GPSも

一応ある「予備スマホ」を拵えておいた方が

カバンは軽くなり、かつ、

情報強化にもなるんじゃないか?

と考えたわけ。

 ★100均の軽量USB充電器とUSBから
  スマホ充電ケーブルは引き続き持ってますが…

 

そしたら、FMラジオが超高感度、かつ、

ワイドFM対応と言う大当たり機種

偶然気づいちゃったわけで…

 埼京線の北赤羽~北与野で、余裕で
 茨城放送ワイドFMが聴けちゃうよ(爆)

とは言っても、現在準備中事項も

混在している中での御紹介なのだが、

スマホはスマホと言うことで、

予備機なりの”魂”を込める。

  

今日は資材(公式リンク)への御紹介とするが 

1)月間500Mバイト未満なら無料とか言う格安SIM

2)月額基本料無料な050で始まるIP電話
  (その1:留守電Eメール化付/その2

 
 

|

« 新潟県「ほくほく線」でも【客貨混載】が発表されるも…規制の壁を感じる | トップページ | 長野県北部で「懐かしいサービス」が残っていた!! »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

[震災復興]地震列島ニッポン」カテゴリの記事