« 4年ぶりのザスパvs町田、学童夏休み中となる8月アウェイ戦の攻略法は? | トップページ | 消える「早口言葉」が発生する!?(なんだそりゃ) »

2016年7月 6日 (水)

【スマホ飽きた】病を今一度整理してみる

熊本地震から「ひらめいた」

無駄に元気な格安スマホの件を

3回ほど割り込ませてしまったが、

個人的に【スマホ飽きた病】

は続いていると考えている。

 

ちょっと振り返ってみようかと…

 
 
 
 

<1990年台後半からの課題1> 

携帯電話のメールと言えばEメールが主流に。

これは、SMS(電話番号による短文メール)

企業グループ跨ぎが不可能だった反動。

これが解消されたのは

実に2011年7月のこと

東日本大震災の後なのだ。

 
 

<1990年台後半からの課題2>

Web閲覧、個人的にはニュースサイト。

1990年台後半時点でも重量1kg程度で良ければ

ノートPCとパケット通信網で実現できていた。

2000年台は携帯電話からJIGブラウザなり、

携帯キャリア提供のPCサイト閲覧サービスが主流。

100g台が当たり前になり、2010年頃から

スマホ化で個人的にもアンドロイドに食いついた。

 
 

<でも、スマホには欠点があった>

タブレットほど画面の大きさが小さい以上に、

以前も触れたが、「クリック感」の無い、

ソフトウェアキーボードに起因する

打ち間違いは不可避なのと、

最凶線に遭難顰蹙ライソと言った

不意に【立体的な乗車】

求められるような鉄道路線利用者では、

「移動時版ブラインドタッチ★」ができる

ハードウェアキーボードは有った方が良い。

 ★群馬の大多数のク○マ通勤者に向けても
  「ピー」な裏技が有る筈なのだが(謎)

 
 

<スマホ「だからこそ」の機能?>

動画→通勤時に画面注視できない、タブ有るし

VRや漫画→国内3キャリアの端末縛りを掛ける必要は無い

SNS→相変わらず「ブログ1本槍」なもので…と言うのと
     一部で、電話帳情報を非常にグレーな方法※で
     抜き取った上で適当に「友だち候補」と煽ってくる不安。
      ※最近は抑制されるようになったようだが

 

<で、結局、手放せないのは…>

でも、現在の個人理想は2013年から使用している

300グラムほどの7インチタブレット(NE×US7)。

 

スマホに比べると重さが有るのは確かだが、

電池持ち、画面の大きさ、解像度のバランスが

良く取れすぎていて、しかも、当時の為替上、安価。

 

この状況下で、国内3キャリアの…(以下、次回)

 

 

|

« 4年ぶりのザスパvs町田、学童夏休み中となる8月アウェイ戦の攻略法は? | トップページ | 消える「早口言葉」が発生する!?(なんだそりゃ) »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事