« [お盆特別企画]JR東日本「えきねっと」の意外な活用法について | トップページ | [通勤日記]高崎名物【ケチ電】に「カウントダウン」宣告が下る »

2016年8月10日 (水)

[お盆特別企画]FMG148録音アミーゴに【新たな選択肢】が登場!!特に群馬県外の方、要注目!!

当ブログでは2010年2014年

2015年とFMラジオを録音する

家電を取り上げてきたが、

2016年、新たな選択肢を発見した。

特に群馬県外の方、要注目

 
 
 

スタアストーンソフト

 

製品1:ラジオサーバー

製品2:ホームラジオ

  
 
 

2つの製品間の違いが解りにくいのだが、

radiko(プレミアム契約も対応可)、

および、NHKのらじる☆らじると言った

日本国内の県域以上をエリアとする

基幹放送局ネットラジオを録音して

mp3形式で保存してくれる点では

どちらの製品でも一緒。

 

ただし、最大のポイントは

ハードウェアとして、

超小型コンピュータ

「ラズベリーパイ」を

使用している
こと。

 
 

これにより、消費電力は

ラジオサーバーで3ワット
 
ホームラジオは2ワット

余裕の1ケタを実現している。

 

ここで明かすが、その昔、同社の

Radioサーバと言うシェアウェア

RadioSharkを購入し、更には

Win7のPCと組み合わせて

旧148を録音していたが、

当時、最低でも20ワットも

喰っていた
から、その頃に比べりゃ

大幅な節電は間違いない。

 
 

で、お値段。

最も安価なホームラジオの通常版

ラズベリーパイ付きで税込9990円、

最も高価なラジオサーバーの高性能版で

ラズベリーパイ付き税込み14800円

 

別途、インターネット接続を継続的に

確保しなければならないが、

下手にFMラジオを録音する機材を

買うよりかは安価と言えば安価だ。

 

で、ホームラジオとラジオサーバーとの違いだが、

ホームラジオは、本体に外付けスピーカーを

付けて聴取可能、オプションで無線LAN化も

でき、家屋内での持ち運びが可能。

ラジオサーバは日本国内の外出先で

地元のラジオを聴く、あるいは、国外に居る

時に日本ラジオが聴けるのが売りらしいので、

148を自宅で後追い聴取であれば、

ホームラジオで事足りそうです。

|

« [お盆特別企画]JR東日本「えきねっと」の意外な活用法について | トップページ | [通勤日記]高崎名物【ケチ電】に「カウントダウン」宣告が下る »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事