« 群馬にてJR北海道が示した「持続可能な交通体系のあり方」を読み解いてみる | トップページ | 【特設】「6代目vs司会者inJ2」を【土曜日17時に変更】した件について »

2016年8月18日 (木)

【電力自由化】で、唯一【検討に値する】事業者を紹介する

2016年4月から始まった筈の

電力自由化であるが、本ブログで

扱って来なかった理由がある。

 
 
 
 

自由化前にも当ブログで触れている

現在は新規契約できない

選択約款「半日お得プラン

最適過ぎるから。

 
 

先に余談の方を記しておくが、名が知れた

石油会社だ、ガス会社だ、通信会社とかが出してきた

「だいたい5%程度お値引き」

各社と電力卸元会社との間で

「料金回収の代行をするから」

と言う範囲の話にしか至らない。

四半世紀前だと、公共料金の自由化は

値下げ方向に振れると言われていたけど、

そのうち、こっそり値上げ傾向になりそうだね。 

 
 

さて、本題。

そんな小生でも、

唯一「検討に値する」

電力自由化料金

プランを見つけた。

と言うか、機械的に電気料金を比較する

サイトを訪れると出てくると思う。 

 
 

Looopでんき

 
 

公式サイトではぐちゃぐちゃ書いてある

主たるポイントは3つ。

 

1)基本料金ゼロ円
 
2)従量料金も一定(フラット)

  ※おうちとビジネスで単価1円差は有るけど

3)アンペアブレーカー設定も無し 

 
 

どうも、年に数回だけ、ドッと沢山使う、

戸建ての別荘に最適な

プランじゃないのか?

と言う個人見解も有るのだが、

低層アパートでの一人暮らし、

あるいは、逆に東京電力EP社

従量電灯Bおよび同Cで毎月のように

第3段階料金に達するような

使用量が多い家屋なら

検討に値する
と思うよ。

 
 
 

なお、電力自由化で参入した後に

企業の経営破たんが起きた場合は

どうなるんだ?と言う疑問があるが、

LooopでんきのFAQのうち、

「5.保安・サポートについて」に

新電力が倒産してしまったら、どうなりますか?

と言う項目は有るし、

実は、個人向けの電力自由化が始まる前、

2016年3月に法人向けの電力自由化で

事業撤退が発生し、その時に纏められた

処理の流れがある
ので、御参考まで。

 
 
 

|

« 群馬にてJR北海道が示した「持続可能な交通体系のあり方」を読み解いてみる | トップページ | 【特設】「6代目vs司会者inJ2」を【土曜日17時に変更】した件について »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事