« 複数の【過去事例】が語る≪怒ること無かれ≫(J2#33金沢3-1ザスパ) | トップページ | 【サヨナラ速報】BS910チャンネル謎放送、本日2016年9月30日限り »

2016年9月29日 (木)

え?ガソリンエンジンの【内部に水を噴射】する技術ってか?

15年近く前、インプWRXvsランヱボと言った

ガソリンを燃料とするターボエンジン論争では

空気を吸い込む側に取り付ける

インタークーラーと言う部品の

外側から水を噴射して冷やすだ

しないだの論争が起きた
ものだが、

2016年8月末頃、ガソリンエンジンの

【内部に直接、水を噴射】する

技術についてプレスリリースが有った。

 
 

ボッシュ社プレスリリース(翻訳?)

 
 

エンジンはまだまだ進化する!

ボッシュが水噴射システムを供給開始

~マイナビニュース2016年9月12日~

 

ボッシュのウォーター インジェクション、

ターボエンジンのパワーアップ効果も

~自動車ニュースResponse 2016年9月13日~

 

BMW M4 GTSに使われたウォーター

インジェクションの採用拡大

~autocar.デジタル 2016年8月31日~

 
 
  

冒頭に紹介したインプWRXvsランヱボ論争の頃、

燃やして動力を得る燃料としてではなく、

エンジン内部、特に燃焼室(シリンダ)

内部の温度を下げるために業と

ガソリンを噴射していることが有る

と聞いたことはあったが、

それこそ「ガソリン垂れ流し」

と言われる元であった
が、

ボッシュ社の開発技術は

マジで、燃焼室に

直接、水(蒸留水)を

噴射する
らしい。

 
 

それで、エンジン壊れないのか?と言う

疑問が残るが、よくよく考えれば、

ガソリンが空気と混ざって、

理想に近い燃焼を行った時、

マフラーから水が出てくる

それと同じことだし、

別の観点を加えれば、数100℃単位で

燃焼が起きているガソリンエンジンに

1気圧なら100℃で蒸発する

水を噴射すれば、早期に蒸発する。

 

ただし、15年前との比較では、蒸発しきれる、

かつ、エンジンの効率が最大となる水量調節が

課題だったろうし、ガソリンを燃料とする

ターボエンジンがエコではないと下火に

なっていたこととも合致する。

 

日本でも、ようやくハイブリッド一辺倒の

次がどうなるか?と言った時節に

差し掛かってきたと感じているが、

ちょっと面白い技術だと思う。

|

« 複数の【過去事例】が語る≪怒ること無かれ≫(J2#33金沢3-1ザスパ) | トップページ | 【サヨナラ速報】BS910チャンネル謎放送、本日2016年9月30日限り »

スバル&自動車」カテゴリの記事