« 【サヨナラ速報】BS910チャンネル謎放送、本日2016年9月30日限り | トップページ | [通勤日記]高崎駅の新幹線改札にてJRが何故【3枚同時投入】を求めているのか? »

2016年10月 1日 (土)

廃フォーン7発売、日本専用モデルが【西瓜以外の観点】からも急浮上!?

廃フォーン7について、

発表会の1週間前頃から

西瓜スイカSuica対応の噂が絶えなくなり

日本限定モデルの設定

で現実となったが、

決済関係は西瓜以外を含め、

殆どの決済事業者から

具体内容は後日発表につき

当ブログも後日ネタにする
として、

個人的に、ガラゲー型への

退避を目論んでいた点に対し、

(当ブログ過去記事:その1その2

廃フォーン7日本限定モデルの

別観点で急浮上するポイント
を見つけた。

 

それは…

 
 
 

廃フォーン7日本限定モデルでは

橙色のB11にも対応した点
 ※周波数1500Mhz=1.5Ghz  

(参考→1.5Ghzでは何処藻のB21、禿のB11にも対応)  

 

これが、どんな意味が有るかと言うと

2015年5月のSIMロック解除義務化以降

橙色アンド□イドで対応製品が皆無。

 

<根拠>

このリンク先(橙色公式)先

「1.5GHz帯 バンド11」の列に

○が付いた製品が1つも無い。

 

<参考>

SIMロック解除義務化前(2015年春モデルまで)は

コチラの個人サイトで纏められているが、

INFOBAR A02が最後。ただし、コイツはコイツで

B1(2Ghz)に非対応と言う別の意味でオニ端末。

 
 

つまり、橙色アンド□イドでは実質2年近く

”売れた端末”が出ていない周波数に

廃フォーン7日本専用モデルが対応

しちゃってるのだ。

 

その上に、SIMロック解除義務化有りなので、

最短180日、一般的に2年間の契約を維持すれば

訳無く格安系へ移行する選択肢まで増える。

更に更に、例え格安系へ移行したとしても、

格安端末を見分けた上で、

使用する周波数の制御・制限までは

受けない筈(ここは仮定論)
と言うことだ。

 

何も考えずに検索すると

「B11対応可否なんて気にするな」

と言うWebサイトが上位に出てくるが、

例年、盆と年末に開かれる同人誌販売イベントの

89回目(2015年末)にスペクトルアナライザー

(スペアナ)を持ち込んで調べちゃった香具師
が居て、

 ※周波数→1500Mhz=1.5Ghz

 

人混みイベントにはB11も

使用される周波数であることに

変わりが無い
ということだ。

 

これが、格安に移行しても使えると来れば、

下手に安価なSIMフリーアンド□イド端末に

手を出さずして、大人しく廃フォーン7の日本

専用を長く使った方がマシな気がするわけさ。

 

|

« 【サヨナラ速報】BS910チャンネル謎放送、本日2016年9月30日限り | トップページ | [通勤日記]高崎駅の新幹線改札にてJRが何故【3枚同時投入】を求めているのか? »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事