« 【3-0には3-0】で返す!!(J2#36、ザスパ3-0長崎、対戦カード初勝利) | トップページ | 今度は「日本のワイハー」か…【群馬安泰】説に疑問を持った方が良いかも »

2016年10月21日 (金)

鉄道の乗車券に変革迫る!?【片やは思わぬ方向】に見えるが!?

しЯ束目木は林檎を説得しきって

西瓜のセキュリティポリシー

受け入れさせた気がする

昨今であるが、鉄道の乗車券が

俄かに変革の時
を迎えている。

 

気づいたきっかけは…

 
 
 

自動券売機で購入される

「きっぷ」が変わります。

~2016.9.28、北九州モノレール~

 

問題は、この添付PDF(約450キロバイト)

 

鉄道の近距離自動券売機ではお馴染みな

エドモンソン式A型乗車券(3cm×5.75cm)から

いわゆる「定期券」「JR指定席券」サイズ

(5.75cm×8.5cm)に大きくする
と言うのだ。

 
 

間髪入れず「紙の無駄遣いでは?」と

言いたくなるのだが、そこに出てくるのが

北九州モノレールでは、約1年前となる

2015年10月から導入した
QRコード

 

2015年10月の件は、乗りものニュース

1ページ目2ページ目)で取り上げているが

QRコード化により、きっぷ裏面を黒く

”飾ってる”磁気加工が不要になり、

純粋な紙と扱われ、リサイクル性が向上する、

それと共に、自動改札機の簡略化

(きっぷを通過させるメカを省略)

が優先されているのだ。

 

でも、もっと、手を探っているのが、

実は、JR束海の新幹線

 

どうも、EX-ICの普及が思わしくないらしく、

2016年1月28日にTOICA/SUICAなど

交通系ICカードだけで東海道・山陽新幹線に

乗れるサービスを2017年夏に開始

予定だと発表した報道例)かと思ったら、

 
 

今回、2016年9月28日には、

今度はICカードを全く使用せず

QRコードだけで東海道新幹線の改札を

通れるよう、JR東海の社員を対象に

実証実験を開始したという(報道例)。

 

どうも、狙いは、外国から航空機で

来日するであろう御客さまのようだが、

ここでも、鉄道会社が用意し、裏面に

磁気加工を施したきっぷを排除する

方向に変わりはなさそう
なのだ。

 ★国内線の航空機はQRでゲート通過できるよう
  になって、ざっと10年くらい経ちましたかね・・・

 

<ところで>

当の、しЯ束目木は、裏面に磁気加工が

有っても、きっぷはリサイクルできる

と訴えているが!?(概要詳細PDF)


 

|

« 【3-0には3-0】で返す!!(J2#36、ザスパ3-0長崎、対戦カード初勝利) | トップページ | 今度は「日本のワイハー」か…【群馬安泰】説に疑問を持った方が良いかも »

公共交通でGO!」カテゴリの記事

吾らデジタル世代」カテゴリの記事