« (ザスパ大チャンスなのに)そう言えば【JR発足30周年「青春18きっぷ」】どうした? | トップページ | 新幹線は【小幅改革】のように見えるが…(2017年3月JRダイア群馬4報) »

2017年1月29日 (日)

[建物耐震]高崎ビューホテル撤退方針公表+高崎スズランがピンチ?

災害の少ない群馬

その1つの代表例として、

前橋市は昭和町にある

旧・前橋地方気象台が建っていた敷地

(今もアメダス及び地震の観測点)では

約85年に亘り「震度5」

を記録していない

と言う奇跡っぷり
がある。

 

これだからこそ、

群馬における建物耐震は

法律に主導されない限り

進まなくて当たり前なのだが…

 
 

高崎隋一のシティホテルと言える

高崎ビューホテルの運営会社が

2017年1月12日に公表した

中期経営計画(IR資料)にて

特別損出を出し、今年度の

収益を赤字に変更してまでの

高崎撤退方針が明らかにされた。

(地元報道:高崎新聞、ほか多数)

 

この撤退判断は、

新たな耐震基準を満たすために

建物改修(補強)を行うとコストに

見合う収益が得られない
と言う。

個人的には「この件」で御世話になり、

2016年にはクリスマスケーキを購入して

継続して買いたいと思っていたのに

買えても「あと1回限り」とはね・・・orz

 

そして、1月17日から18日に

掛けて出てきた関連報道。

高崎スズランも

耐震基準に対して

ピンチらしい。

インターネット上は毎日(概要)くらいしか

載っていないが、読売群馬版では

対処方針が決まっていないと報じていた。

高崎中心部が一気に変わるのか、

果てまた、高崎駅東口に建設中の

文化芸術センター開業を以て、

群馬音楽センターとゴニョゴニョが有るのか…

果たして?

 

<余談>

桐生市役所も早々決着付かなそうだね…

県立女子高の土地建物が空きそうだけど(以下略)

 

<毎日報道:高崎スズラン+桐生市役所の件>

20170118taishintakasakisuzurankiryu

|

« (ザスパ大チャンスなのに)そう言えば【JR発足30周年「青春18きっぷ」】どうした? | トップページ | 新幹線は【小幅改革】のように見えるが…(2017年3月JRダイア群馬4報) »

四方山話」カテゴリの記事