« 【特設】[速報・短信]きな臭いプレスリリースの【正体?に唖然】(7時追記) | トップページ | [2017GW最終日]凄いな【上越新幹線】 »

2017年5月 6日 (土)

[2題コンボ]ん?この機に及んで【CDMA2000対応端末】が供給された件(7時補正)

GW中、ちょっとザスパネタで

或る意味「酷い」アクセス数が

続いたので今日は閑話休題。

 

VoLTE化前の橙色の音声通話は

「CDMA2000」と言う方式で、

西暦2000年前後の携帯電話の

音質からすれば高音質だったのだが、

ちょっと前にスマホではマイナーだ

(≒採算が取れるほど生産できない)

取り上げた記憶も有るのだが、

この機に及んで

【CDMA2000対応端末】が

2種類供給されることが

明らかになった。

まず1つ目は、スマホなのだが…

 
 

みかか系のgoo

SIMセラーと言うサイトで

小生の11800円予備スマホとか、

8000円でFMラジオ付き

(g06、直販では販売終了)
とか

コストパフォーマンス重視、かつ、

ニッチなスマホを販売してくる
のだが、

g06の次、g07が発売されて、

無印はあまり受けていなかったのだが、

更にg07プラス(g07+)

と言うのを投入して、

CDMA2000の通話に

対応してきた
と言う。

御値段は格安としては中くらいの19800円。

CDMA2000通話対応の狙いは、

ケータイWatch記事の

最後の方に書かれている
が、

橙色のガラケー利用者に向けて

ヨZWebやβrewアプリを捨てて、

音声とSMS(Cメール)の契約だけ

1つの端末に残したら如何?
と言うのだ。

その際、ヨzweb.ne.jpのアドレスを持つ

Eメールの継続利用も論点になるが、

橙色のSMS、昔で言う

Cメールの受信ができれば、

Webメールの経路は塞がれない

 ※1度限り有効なURL記載が記された
  Cメールによりデバイス認証ができる筈だから

 
 

更に面白いのが橙色本家。

上述のgooのg07+の発表が

2017年3月27日のことであったが、

当初はガラホとして売り始めた筈の

GRÅTINA 4Gに新色

(リンク先:ケータイWatch)

と言う記事が2017年4月7日に出た。

ここで、型番が変わるとともに

新たに3Gネットワークに対応

と言う一言が。。。

この3GがCDMA2000を指すのは言うまでもない。

ちなみに、別サイトの記事でも

触れられているが、GRÅTINA 4Gの

新色(型番:KYF34)で3Gを使用するには

設定変更が必要と明記有り。

何が有ったのだか…

|

« 【特設】[速報・短信]きな臭いプレスリリースの【正体?に唖然】(7時追記) | トップページ | [2017GW最終日]凄いな【上越新幹線】 »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事