« 【特設】2016決算を踏まえ、改めて問う。ザスパのフロントさんよ | トップページ | [オイオイ速報]高校総体開会式の日に、かの関越交通が【敷島公園バスターミナルを見放した】のか!? »

2017年5月10日 (水)

FMラジオや携帯音楽プレーヤーを買うなら「格安スマホ端末を買ちゃえ」再び

群馬では民放ラジオ局が

FMしかなかったせいもあるのだろうけど、

東京近郊では民放AM局の

ワイドFM移行が呼びかけられている

(何と、送信所は東京スカイツリー)

 

その上で、当ブログが通勤環境として

2016年に整えてしまった予備スマホ

買値11800円のスマホとは

想えないほどの

高感度なFMラジオ、

それもワイドFM対応

が有ったことで

その後は、1万円以下で買える

FMラジオ付きスマホに注目していた。

 

チャンスを見て紹介したかったのだが

紹介できぬまま売り切れてしまったのが

みかか系gooのg06と言う

実に7800円と言う機種だったのだが

2017年ゴールデンウィークを前に…

 
  

ヤマダ電機が一挙6機種発表したと言う

プレスリリース報道@ケータイWatch

コイツの、いちばん安価な

9980円の機種(EN)ですら

FMラジオを内蔵していると言う。 

対応周波数が76~90Mhzと

ワイドFMに対応していない記載
なのだが

(これでも、FMぐんまを聴く分には問題ない)

元となる機種は中国か台湾で

製造されているだろうから

ここはデジタル人柱情報

を掘り当てるべきだ
と思う。

 ※当初は態々90Mhzまで制限を掛けている模様

 

これに、予備スマホを作った時の記事

同じかもしれないが、

アンドロイドですから音楽プレーヤーやら

地図だは(GPS感度は別として)

OS付属アプリで実現できるから

例えば1万5千円とかだして、

通勤用FMラジオとか

携帯音楽プレーヤーを買うなら

「いっそのことスマホ買っちゃえ」

と言う選択肢が出てくるのさ。

SIMを刺すのは

必須条件ではない
から。

 

<追記>

携帯3キャリアは10年ほど前、

当時のフィーチャーフォンに

FMラジオ内蔵を売っていたくせして、

今は、元となる機種に内蔵されている

FMラジオを3キャリア向けに改編する際に

態々削除しているのが横行しているらしいが

何故、そんなことをするんだろうね。

 

|

« 【特設】2016決算を踏まえ、改めて問う。ザスパのフロントさんよ | トップページ | [オイオイ速報]高校総体開会式の日に、かの関越交通が【敷島公園バスターミナルを見放した】のか!? »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事