« 個人情報保護法の【5000人以下例外が廃止】された件(一部【特設】) | トップページ | [オイオイ遅報]大型バス運転手の【超ファイン運転】は残すべき@東名高速事故 »

2017年6月11日 (日)

【発売10年目】を迎えるスバル・エクシーガ系列の売れ行きを鑑みる資料が明らかに

小生も2009年頃に初期型

(A型)GTターボに乗っていた★

スバルの水平対向7人乗り

エクシーガと言う車。

 ★そいや、このレポート、
  ちょうど今日ザスパが対戦する
  山形の「んだすた」往復だった
  (当時、山形はJ1で菓子杯vs千葉)

 

その後、当時のガソリン高騰

(当グレードはハイオク仕様)とか、

免許証上は大型車にも乗れる

父親にすら「大きすぎる」と言われ

先代インプに乗り換えて早4年弱

 

その後、フォレスター路線に転換して

副車名「クロスオーバー7」を付したにしても、

発売10年目に突入しようとしている

スバル・エクシーガの売れ行きが判る

数値資料が最近、明らかにされた。

 

 
 

【リコール】スバル エクシーガ、ルーフレールのカバーが脱落するおそれ

【改善対策】スバル エクシーガ、サイドシル ガーニッシュが外れた

~2件とも2017年5月18日、報道例はresponse~

 

いわゆる自動車不具合情報のスジですね。

 

どうも、2015年4月から生産された

「クロスオーバー7の初期型(通算H型)」

に不都合が有ったらしいのだが、

今日注目する数字は

改善対策の方が、2015年4月から

同年11月末までの約8ヶ月で約3200台、 

リコールの方は15年4月から16年5月までの

約13カ月で5227台と言うから、 

概して言えば2015年頃は

月販約400台だった
と言うコトだね。

 

確か、月販の目標は600台だと

幾つかの報道で見ていた
が、

初期型はエンジンはEAで

2LのNAは4ATでFFも選べた、

2Lターボは5ATのAWDで

アイサイトなんか無かったのが、

今やFB型2.5LのCVT-AWDで

アイサイトVer2もオマケで着いちゃう

実質1グレードであれば

生き残れる車だよね。

(「よく見りゃ超お買い得」と言う路線)

他メーカーで偶に生産終了の引き金となる

衝突安全にもスバルなら余裕が有るしwww

  

|

« 個人情報保護法の【5000人以下例外が廃止】された件(一部【特設】) | トップページ | [オイオイ遅報]大型バス運転手の【超ファイン運転】は残すべき@東名高速事故 »

スバル&自動車」カテゴリの記事